2016年4月29日 (金)

王のいばら

戸川視友・著、「王のいばら」全17巻を一気に読みました。
視友の視の偏は示なのだけれど、この端末では出せない模様ですm(_ _)m

ヒロインが可愛くて……電子書籍の夜中でも歯止めが効かないワナにはまるダメなオトナです。
つい先日、「暗殺教室」のアニメをうっかり1回録りそびれ、漫画を纏め買いしたばかりだというのに。読みかけのそれを圧して、Amazonのワナにはまった感じ。(「暗殺教室」を買う時に、ずっとお奨めに出ていて)

外伝も既刊7巻までは読みました。
このところ新しいものをあまり読んでいないので(シリーズ続刊で出ている漫画はそうでもないかな?)、以下次号で終わられると完結してから読むんだったな~、な感じです。

| | コメント (0)

今日の四方山-16/04/29

 毎年、この時期はPTA活動が少し間遠になるので。
 何か書こうかな~、と思って、(前回付けたタイトルが12月下旬だったことからすると)放置4か月だった模様。
 映画・テレビねたか~。(そういうカテゴリが選ばれていた)  何を書くつもりだったんだろう?
 SAOかな?

 という書き込みが、2年前の日付で止まっていたこのブログ。

 休みすぎだろう自分。
 まあ、端末環境も微妙な時期だったし?
 タブレットやスマホは便利だけれど、やはり長文を書く(というか書いた文章を読み返す)のが少し面倒で、時流には乗り切れず。
 何だかんだでPCに戻ってきた今日この頃です。
 今年度こそは、少しずつでも文章を書く感覚を戻していきたいなぁ、と思っているのだけれど……どうなることやら。

| | コメント (0)

2012年9月12日 (水)

投稿テスト

 タブレットからの投稿設定を保留したまま、はや○ヶ月。

 PTA文書作成の逃避に(一応、本日目安の最低ラインは終わったし?)、ようやくアプリをダウンロードしたのでチャレンジ中。

| | コメント (0)

2012年5月28日 (月)

千年の黙 異本源氏物語

 森谷明子・著、創元推理文庫刊、「千年の黙 異本源氏物語」を読みました。

 先に同社刊の(例によって同居人が買ってきた)「れんげ野原のまんなかで」を読み、その奥付の著者紹介の「王朝ミステリ『千年の黙 異本源氏物語』で第13回鮎川哲也賞を受賞してデビュー」という文句に惹かれて。
 同居人の本屋参りのついでに探してきてもらった本で。

 内的には、「れんげ野原~」同様、ミステリとしてよりはフィクションとしての評価が高い感じでしょうか。

 「紫式部が探偵役」というフレーズに惹かれるものがあるヒトにはお奨めです。

| | コメント (0)

2012年1月 7日 (土)

乱紋(下)

 永井路子・著、文春文庫、「乱紋」の下巻を読みました。

 1979年8月に同文庫から刊行されたものの新装版。
 中央公論社刊の「永井路子歴史小説全集」第16巻所蔵の「乱紋」の表記・改行を元に改稿されたもの。

 2010年8月10日 新装版第1刷、2010年11月20日 第4刷。

 上巻同様、図書館から借りたもの。

 返却期限日の今日、ちょっと遠出するかもということで慌てて明け方までかかって読み終わりました。

| | コメント (0)

2011年12月21日 (水)

謎解きはディナーのあとで(テレビドラマ)

 「謎解きはディナーのあとで」の最終回、2回目を見終わりました。

 といっても昨日の生放送時には、殆ど子供たちが見ていた科白を聞いていただけで。ちゃんと見たのは今日だけなんですが。

 子供たち(特に、本を読まない末子)の大のお気に入りで。(我が家は「ミタ」を見ていなかったので~、「謎解き~」が文句なしに家庭内の今期1番人気ドラマでした)

 予め読んでしまっているシリーズのドラマ化でしたが。

 後半は、原作本と異なる科白や演出が、どんな伏線になっているのかを考えながら見る楽しみもあり。

 これはこれ、という切り分けで、とても面白かったです。

| | コメント (0)

乱紋(上)

 永井路子・著、文春文庫、「乱紋」の上巻を読みました。

 1979年8月に同文庫から刊行されたものの新装版。
 中央公論社刊の「永井路子歴史小説全集」第16巻所蔵の「乱紋」の表記・改行を元に改稿されたもの。

 NHK大河ドラマ「江」絡みで、江(江与)関連のページを見ていた時に。
 彼女に纏わる小説ということで紹介されていたものを、図書館で借りてきたのだけれど。

 このところ、新しい通信機器を(10年分纏めて、みたいな勢いで)色々買ったせいで。
 録画を消化する時間すら削れるほど(幾つか韓国ドラマを断念しました)、ネット遊びに時間を取られていて。

 ちっとも読書が進まず。
 返却期限の今日になって、ようやく読み終わった体たらく。

 大河ドラマとは似ても似つかない(?)キャラ設定なのに、登場時にはそれぞれの役者さんが思い浮かんだりするので。
 最初は微妙に戸惑いがちでしたが~。

 江の侍女視点で書かれていることもあり。
 上巻を読み終わって(2番目の夫秀勝を亡くし、江が子を宿していることが分かった辺り)、ようやく慣れてきた感じも。

 続けて下巻も読んでしまいたいところなのだけれど。
 借りてきた順序(返却期限)的には、神永学の「確率捜査官御子柴岳人」の方が先だし……。

 24日までに両方読んでしまえばいいだけなんだけど。
 近頃の読書事情では、これがなかなか……。

| | コメント (0)

2011年12月18日 (日)

今日の四方山ー11/12/18

   先月買ったノートパソコン(自分への退院祝い)に続いて、昨日自分へのクリスマスプレゼント&お年玉に新しいタブレット端末を買いました。(一応自分のお小遣で)

   小さな同居人たちのボーイスカウトの年末パーティやら、この端末のセッティングやらでバタバタしていたら。
   またまたインターポット(このブログのおまけで登録した木育てサイト)にアクセスするのを忘れて……。
   気がついた時には今日になっていて、昨日分の木の世話をしそびれました。
   何だかんだでなかなか一週間続けてお世話ができないダメっぷりです。

   ダメといえば。
   予定続きで、ちっとも図書館から借りてきた本が読めずに、「乱紋」の上巻を読み終わらない内に下巻の取り置き期限になってしまったので。
   今日中に取りに行かなくちゃ……。

   ん~。
   タブレットの文字入力、携帯ほどではないけど、慣れるまでが大変そうかも。

| | コメント (1)

2011年12月14日 (水)

甘栗と金貨とエルム

 太田忠司・著、「甘栗と金貨とエルム」を読みました。

 角川文庫、平成22年2月25日初版発行。

 高校生(?)探偵、甘栗晃のデビュー作です。
 同じ作者の狩野俊介くんシリーズよりも、好み……かもしれないけれど、まだ1作目だし?

 既に2作目「甘栗と戦車とシロノワール」が出てはいるいるようだけど、まだ文庫にはなっていないようなので。
 もう少し図書館の本が片付いてから?

| | コメント (0)

2011年12月 8日 (木)

忍びの国

 和田竜・著、「忍びの国」を読みました。
 2008年5月30日発行、新潮社刊。

 少し前に、本屋さんで平積みになっていた「小太郎の左腕」のポップに、『「のぼうの城」「忍びの国」の和田竜新作』みたいな文字を見つけ。

 「のぼうの城」のヒトか~、ということで。即座に図書館検索をかけて予約したもの。

 「のぼうの城」(以前の記事はこちら)ほどサクサクは読めずに……1週間以上読んでいたかも。(まあA5サイズで、ついつい持ち歩くのは別の本だったり、ゲームをしたりテレビを見たりが忙しかったりとかもあり)

 物語は織田家(というより信長次男の信雄)の伊賀攻めの話。

 知った名前は百地三太夫と石川五右衛門くらいで。(今回イメージは戦国無双の声でもなく~)
 女性キャラが殆ど登場しなかったのが、進みが遅かった理由、かも。

| | コメント (0)

«心霊探偵八雲7(小説)