« 最近の徒然-09/11/11 | トップページ | 秋期限定栗きんとん事件 »

2009年11月13日 (金)

夏期限定トロピカルパフェ事件

 米澤穂信の小市民シリーズ2作目を読み終えました。(次に合わせて、ちょっと表現を変えてみたり)

 これまでの米澤氏の3作に比べると時間が掛かったかも。
 第一章と第二章は単発で雑誌掲載されたものとのことなので、そのせいもあるのか。章ごとの区切りが良すぎて、暫く積まれてました。

 まだ反芻中だし、ミステリなので、中身について(?)は後ほどコメントに。

 米澤氏の作品を4作(小市民2作の間に古典部2作)続けて読んで、どれもお気に入りでお奨めなんですが。
 作品としての「好き」は、現在この「夏期限定~」が1番かな。(ミステリとしての評価はまた別のお話)

|

« 最近の徒然-09/11/11 | トップページ | 秋期限定栗きんとん事件 »

コメント

 色々考えましたが、感じたこと・思ったことは、どう書いてもネタバレっぽいので。

 4作目(最終話)の最後に、小鳩くんに心からの喝采を贈ることが出来るかどうかを心配しながら、ラストの数ページを読みました、とだけ。

投稿: Marshella | 2009年11月13日 (金) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の徒然-09/11/11 | トップページ | 秋期限定栗きんとん事件 »