« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

紫暗の玉座(上)

 「彩雲国物語 紫暗の玉座(上)」を読みました。

 雪乃紗衣・著、角川ビーンズ文庫、平成23年6月1日初版発行。

 「彩雲国物語」堂々完結、と帯に銘打たれた最終話上巻です。
 短編集とかも、もう出ないのかしら。

 数日前(図書館革命を買いに行った時には見落とした)に、買ったはいいけど、下巻を手に入れてから読もうってことで、後回しにしていて。
(茅田砂胡の「祝もものき事務所」を先に読んだけど、そう言えば、書いてない)

 下巻も(恐らく)明日買えるし、何か、これまでになく分厚いし。
 いいか、と読み始めてしまったら……今日の内に読み終わってしまいました。

 まあ、明日は午前中、予定があるし?
 偶には、早寝しよう。

| | コメント (0)

2011年6月23日 (木)

図書館革命

 有川浩・著、角川文庫、平成23年6月25日初版発行、「図書館革命」を読みました。
 図書館戦争シリーズ④、本編最終巻です。

 初出2007年11月、メディアワークス刊。
 ショートストーリー『プリティ・ドリンカー』は、アニメーション『図書館戦争』DVD、初回限定版特典冊子掲載。

 本の発売日を気にしたのは、本当に久し振りのことです。
 ましてや、発売日前日に「大きな本屋さんなら」とか、わざわざ足を運んだのは、何年……十何年ぶりでしょう。

 疑問に思うことも、不思議に思うことも(十二国記同様、結構基本設定だと思われる部分で)、それなりに気にはなったシリーズですが。

 それでも、こんなにワクワクしてフィクションを読んだのは、久し振りのことでした。
 「絵空事の世界に、どっぷり浸りきれるほどの余裕がない」と、自分でも思うことが多い今日この頃。

 もっと(あと20年くらい)若い内に読んでいれば、きっと全然違った印象の話になったのだろうと思うと。(特に自分的に引っかかった、疑問とか、不思議とか……二十歳の頃なら気にしなかった気がする類いのモノだし)

 ちょっぴり惜しいような。
 でも、そんな視点の変化を踏まえて読んでも楽しめるお話に出会えたことが、嬉しいような。

 やはりこれも、素敵なお話をありがとうございました、な感じの作品でした。

| | コメント (0)

2011年6月 8日 (水)

図書館危機

 有川浩・著、角川文庫、平成23年5月25日初版発行、「図書館危機」を読みました。
 図書館戦争シリーズ③、です。

 初出2007年3月、メディアワークス刊。
 ショートストーリー『ドッグ・ラン』は、アニメーション『図書館戦争』DVD、初回限定版特典冊子掲載。

 ……前2冊は、ショートストーリーの紹介とか入れなかったか。
 まあ、いいかな。

 3巻まで、結構一気に読みました。
 4巻を買った時に、最初から読み直すかどうか……微妙?

| | コメント (0)

2011年6月 7日 (火)

図書館内乱

 有川浩・著、角川文庫、平成23年4月25日初版発行、「図書館内乱」を読みました。
 図書館戦争シリーズ②、です。

 今日の午前中は予定があって、読書できないことが分かっていたので。
 一旦同居人の鞄に戻した②巻ですが。

 結局、先に読み終わりました。

 ④巻の発売日まで、まだ2週間以上あるみたいなんだけどな~。

| | コメント (0)

2011年6月 6日 (月)

図書館戦争(小説)

 有川浩・著、角川文庫、平成23年4月25日初版発行、「図書館戦争」を読みました。
 図書館戦争シリーズ①、です。

 ようやく文庫落ちして、同居人が買ってきたのは知っていたのだけど。

 同居人の通院に付き合う際に、読みかけの本を持って出るのを忘れて。
 同居人が読み終えた(まま鞄に入れっぱなしにしていた)、この本を読み始め……。

 同居人が読みかけだった、「図書館内乱」(②巻)も取り上げて(? 最終的には、「他にも読む本あるし、先に読んでいいよ」と……言わせて)、読んでいたりします。
 何か眠くなってきたから、明日の朝までに「図書館内乱」を読み終わるのは無理かしら。

 ていうか、せめて4巻まで文庫が出てから読み始めようよ、自分。な、感じ?

| | コメント (0)

2011年6月 1日 (水)

今日の徒然-11/06/01

 今日は、今週唯一の完全オフ(同居人たち抜きで予定なしの)日。

 銀行に行こうか、本を読もうか、ちらっと悩んではみたものの。
 先週溜めすぎた録画の消費をしないと、また幾つかドラマを諦めないといけなくなりそうで。
 1日録画の消化に努めた挙げ句、小学校の図書室整理のボランティアに行くのを忘れました。

【江 ~姫たちの戦国~】(NHK大河ドラマ)
 20話「茶々の恋」を見ました。
 この所、王道少女小説進行ですね~。
 近年、三成や他の男性と恋仲になる話をよく見かけたので。普通に楽しい感じです。

 ここ数回、岸谷五朗さんを見ていて、「昔、芝居を見に行ったはずなんだけど……演目が思い出せない」とか気になっていて。(大竹しのぶさんと並んで出てくると、余計気になる感じ? 大竹さんの方は「奇跡の人」や「マクベス」とか、はっきり覚えているせいで)
 昔の記録を探してみたら、チケットを買ったものの体調を崩して自分では見られなかった、とかいうオチでした。

【メリは外泊中】(韓国ドラマ)
 先週半ばから今日までの放映分を、纏めて見ました。
 話は好み(<偽装結婚好き)……だと思うのに、何故か微妙な感じがするのは。
 にっこり笑顔のチャン・グンソク氏が苦手だかららしい(「ホン・ギルドン」の王子様が好きだったみたい)、と今更のように気が付いてみました。

【逆転の女王】(韓国ドラマ)
 これも、先週半ばから、今日の放映分までを纏めて。
 旦那様役の俳優さん(チョン・ジュノ氏)、例によって「どこかで見た顔なんだけど」な感じで。
 3本目くらいでようやく、「ラスト・スキャンダル」の人だ、と思い出してみました。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »