FF XII

2008年6月27日 (金)

FF 12、再開しました。

 昨年、このブログを再開した時に始め、わずか10日で放り出したFF12を再開しました。

 はなちょこさんブログで「はじめました」というのを読んだ時から、何となく気にはなっていたFF12なのだけれど。

 再開した最も大きな理由は、長子に最近使っていたPS2のメモリカードを片付けられてしまって、他のゲームのデータが見つからなかったから。
(「DQ8」を最初からやり直すに当たって前のデータを消して始めたらしく。そのメモリカードに入っていた手頃なデータはFF12くらいしかなかったので)

 次子が風邪で休んでいて、何かゲームを見たい(休んだ日は自分でやるのは禁止なので)と言うので。
 中断している「マナケミア」の続きでも~、と思ったところが、データが見つけられず。
(長子が小学校から帰ってきてから出して貰った時には、「何でそんな、ゲームとは関係ない棚に~」とかいう場所から出てきたし)

 取り敢えず、前回詰まった巨大ガエルは倒しました。
 が、またすぐ、ギルガメで詰まってます。

 というところで。
 ゲームネタは極力「真夜中の道化芝居」で~、と考えているので。
 昨年のFF12カテゴリの記事を、「真夜中~」に転記しました。

 以降、もしも「FF12」の話が続くようならば、「真夜中~」の方に書く予定です。

| | コメント (0)

2007年7月12日 (木)

巨大ガエルに歌われて。

 破魔石(暁の断片?)の暴走で敵艦隊が自滅しているドサクサに、破魔石を取り戻し、その石の力の制御方法を見出しに、王都南方に出かけることに。

 勿論、出かけるついでに「モブ狩り」、ということで、クラン本部と酒場で1件ずつ依頼を受けて出発。

 まだちょっとレベル不足なのか、最初の(手近な)依頼「ケロゲロス」(巨大ガエル)のリジェネ速度に全然追いつかず、何度か再戦を挑んだものの、攻略法が掴めない辺りで、今日の処は中断

 歌(リジェネ)封じはなさげだしな~。やはり、レベルを上げて力押しが早そう?

| | コメント (0)

2007年7月11日 (水)

召喚獣ベリアス、ゲット!

 レイスウォール王墓、続き。

 陵墓最深部に続く通路の手前で、「ベリアス」が待ち構えていた。

 有効な魔法・技が見出せずに、結局は力押しで倒した感じ。「ベリアス」召喚獣として召喚可能なライセンスを得たものの、実際にライセンス取得可能なのは1人だけ、ということで、誰に覚えさせるか懸案に。

 最深部まで進んで、王統の証の品である「暁の断片」(だっけ? 例によって名前は……)を入手する。

 入口のテレポート・クリスタルまで戻ったところ、「ミストが乱れてテレポート不可」とのことで、別枠(?)にセーブだけして外に出る。案の定、帝国に捕縛され……またもや脱出行。アーシェ王女の守り役ウォースラがゲストから外れる。

| | コメント (0)

2007年7月10日 (火)

生きてる壁、一応撃破!

 動く壁に再戦を挑む。

 でも、ペース的には、どう頑張っても……やっぱり間に合いそうにないな~。レベル上げしてこないと、ダメかな~。

 あれ? 突き当たりって、じゃん。(何を今更、という感じではあった。最初から地図は表示されっぱなしだったのに……)

 もうダメ~、という寸前に、ドアを開けてみる。

 通路に出た。……けど、今度は、真っ正面からが近付いてくる。

 こちらの通路の方が、ちょっと長い。でも、のんびりしてたら、結局ペシャンコだ。

 急いで生きてる壁(の英名がモンスター名だった気がするのだけど、例によって既に記憶が薄れ気味)に駆け寄って……。

 あれ? 既に怪我してる。……前の部屋の続き?

 でも、やっぱり間に合わない。

 こちらの部屋には、モンスターを足止めする仕掛けがあったのだけど、これまた気付くのが遅れて、またもや「Game Over」

 どうも、ガンビット(=オート戦闘)に頼りすぎて、自分でキャラを動かしていないのが、この手のトラップ・ダンジョンには不向きらしい、と、遅まきながら気が付いて、リーダーキャラだけは自分で動かすことに。

 3度目の挑戦で、何とかを倒した。

 倒してしまってから、「あれ? 最初の部屋と、行ったり来たりしてたら、どうなってたんだろう」、とか思ってみても、後の祭。

 を倒した先のエリアは普通にランダムの敵が出てくる感じで……特に問題もなく進める。

 一通りマッピングして、最深部に繋がる(と思しき)エリアまで見て回った処で、一旦入口のクリスタルまで戻ってセーブして、今日の処は中断。

| | コメント (0)

2007年7月 9日 (月)

ワイバーンロードは倒したけれど……

 次のモブ狩りは、砂海西端のワイバーンロードが依頼対象。

 「西の端ってどこ~」

 「ギャ~、トラップ~。いつの間にか1人死んでるし~。早く浮遊呪文欲しい~」(オートの設定のお陰で勝手にレイズがかかって還ってくるんだけど)

 「あ、ラッキー。ガンビット対象《飛行の敵》、見っけ~。飛んでる敵って、サンダー? ブリザド?」

 「あ~、いたいた」

 ……はっきり云って、着くまでの方がやかましい感じで、さして労せずワイバーンロードは駆逐。

 報告に帰ると、新たに酒場の掲示板に出てきた依頼ランクがいきなりワイバーンロードで、その前まではず~っとだったにも関わらず)に。

 先に本編を進めろ、と云うことだろうと思い、陵墓の入口でセーブして、いざ墓荒らしに向かったものの……。

 入口を入った途端に映画にありがちな動く壁(モンスター)に後ろから追いかけられ、今度は気負わな過ぎたのがいけなかったのか、「通路の端まで追いつめられる前に倒さないとアウト」、という当たり前と云えば当たり前な状況に気付くのが遅れたせいで、あっさり「Game Over」

 やれやれ。

| | コメント (0)

巨大ガメ、撃破!

 陵墓の入口が開くようになったらしいものの、入口にテレポート・クリスタルがあったので、迷わずモブ狩りに戻る。レベルが上がったお陰か、はたまた、主人公だけは仲間の回復無視でひたすら攻撃させ続けたお陰か、ようやく巨大リクガメゾウガメ? とうとう名前が覚えられなかった)も撃破

 依頼クリアの報告に戻ったところで、中断。

| | コメント (0)

2007年7月 8日 (日)

砂海を越えて……

 ちょっとだけレベルも上がったし、と、しつこく脇道モブ狩りターゲットである巨大ガメに会いに行って、またもや逃げ帰ってくる。黒魔法の上位はまだ売ってなかったものの、いつの間にかケアルラレイズは売られていたので、取り敢えずゲットして、他にすることもなくなったので、本筋の砂漠(この辺りでは砂海というらしい)踏破に戻ることに。

 ゲストのレベルと比較すると、まだ2・3レベルは足りない感じなので、シナリオ的には切迫した(急げ急げの)状況であるにも関わらず、のんびり砂海のマッピングを。各地でアイテムを拾いながら進んだお陰で、武器も多少はヴァージョンアップ。

 途中で出てきた凶暴(もしかすると……言葉が通じないから戦闘になるだけ、とか説明されてたかも)種を倒しながら、流砂で行き止まりな洞窟など行けるところは全て行き尽くし、そのついでにナゾな(モブ対象の巨大リクガメに比べると)小型ウミガメもどき(件の凶暴種を捕食するらしい)も倒して、ゲストとレベルが揃ったところで砂海の西端からエリアを越えようとすると、次のエリアのロード前に、いきなりセーブの要否を訊いてきた。

 「いきなりボス戦か~。そう云えば、今エリア越える前に、大きなトリが何ちゃらって云ってた商人はいたけど、セーブ・クリスタルは無かったもんね~」

 取り敢えずセーブ。

 で、エリアを越えた先は、目指していた王家の陵墓(あれ? 何かまた呼び名が違うかも)で、お約束通り墓守ガルーダ(結構彩色が派手)と戦闘に。

 「や~、強いな~。まあでもセーブしたからいっか~」

 と、肩の力を抜いて戦ったのが良かった(?)のか、半滅で何とか勝利

| | コメント (0)

2007年7月 7日 (土)

七夕なのに曇り空

 というのはおいといて……。

 今日は、ゲームをする時間が取れなくて、危うく(?)更新する内容が無くなるところだった。

 と云っても、カメが気になって、お金稼ぎ(&レベル上げ)がてら、再度様子を見に行くくらいの時間しか取れずに、あっさり逃げ帰ってきただけだから、中身は無いに等しいんだけれど。

| | コメント (0)

2007年7月 6日 (金)

逃走! 逃走! また逃走!

 ニワトリスを片付け、気をよくした一行(あるいはワタクシ)は、迷わず次の「モブ狩り」に。

 次の依頼人は魔石採掘鉱(? 相変わらず、ものの名前を覚えるのは苦手)入口前の広場にいるとのことで、真っ直ぐその場所を目指す。そこに、セーブ・クリスタルもあるので、一応セーブしてから、いざ、大蛇退治に。

 結構入口付近にいるので、あっさり辿り着き、2・3撃攻撃して、「ダメだ、これ……」(与えられるダメージに比して、こちらの怪我が大きすぎ)ということで、これまたあっさり撤退

 仕方がないので、話を進める。

 空中都市の支配者殿は、中立の立場……と聞いていた割には、死んだはずのバッシュを連れていたせいか、あっさり捉まった気が。(まずいな、昨日のことなのに、既に記憶が薄れている)

 まあ、明らかに、バッシュの巻き添え、という感じだったけど。個人的には、「悪い……巻き込んだ」(みたいな科白があった)とあっさり口にできるヒトには、結構弱い。「あー、もう。何でも許そう」みたいな。

 かくて飛空戦艦(いや、何か、もうちょっと格好いい呼び名が着いていたけど)リヴァイアサンの虜囚となった一行は、アマリアこと王女アーシェ殿下パンネロを無事救出して、脱出艇(?)で空中都市まで帰還。

 今度は鉱道の大蛇をあっさり倒して、次の依頼に。

 次はカメ巨大ガメ……っぽいヤツで、取り敢えずブリザドとか放ってみたけど、もうそろそろ、再弱呪文ではものの役に立たない感じ? ていうか、ケアルじゃダメじゃん。仕方がないので、ハイポーションを買い足しに街まで戻る。

……ていうか、はっきり云って、またもや、撤退。(全滅しないだけ、マシになってはいるんだけど……毎回、ちょっとつついちゃ、まだ勝てないー、って……何かあんまり成長してなくない?)

てことで、逃げに逃げまくった1日だった。

| | コメント (0)

ニワトリス撃破!

 レベルも上がったんで、またもやパンネロは置いとくことにして、ニワトリス親子に再戦を挑む。

 最初にヘイストニワトリススロウだけかけて、まずは3匹のヒヨコを先に。基本黒魔法の中では、ファイアがよく効いてるかな? でも、魔法は時間が掛かるから、やっぱり武器攻撃?

 「密猟」へのレジストが高いみたいなので、各キャラのガンビットの「密猟」をOFFにして、最後まで攻撃し続けることに。

 1体目のヒヨコが倒れたところで、バルフレアフラン石化が始まる。「時間で石? ……石? ストナなんかまだないって」とか思ってる内に、2人とも完全に石に。2体目のヒヨコも瀕死だけど、何かどう見てもこちらの分が悪げ?

 戦闘メンバを入れ替えようとして、「金の針」を3本だけ持ってたことを思い出す。「金の針」で2人の石化を解いてから、魔法の方がガード(レジスト)が甘い気がして、ヴァンファイア専門で攻撃することに。ようやく2体目のヒヨコを倒す。

 思い出したように、ニワトリススロウドンアクを試してみるけど、どちらも失敗。

 でも、まあ、魔法攻撃主流にしたら、先刻までよりは効率良さげに進んでいるようで、3体目はそんなに問題なく片付き、苦労しながらもこちらが周りを囲んで攻撃できる態勢になって、ようやくニワトリス撃破

 依頼をクリアしたところで、一旦中断。

| | コメント (0)